コンセプトは「アメリカン・ガレージ」。
車、バイク、スケボー、楽器など、男が何歳になっても愛情を注ぎ込むガキの遊び道具が眠っているガレージからいくつものカルチャーが生まれ、ヒーローが生まれてきた。
デザイナーがそのように捉えた「アメリカンガレージ」というものを背景とし、プロダクトに反映させている。

2009年、元プロスケーターの田口悟によって立ち上げられ、同年2月、原宿に旗艦店がオープン。

2014年にはブランド設立5周年を迎え、それを記念したイベントとしてPOP-UP STORE "PROTOTYPE" をオープン。
交流のある様々なアーティスト、スケーター、バイクビルダーなどの協力を得て、ヘルメットとスケートデッキのカスタム作品の展示販売を行う。
合わせてブランドとのジョイントワークスとして、現在東京のストリートシーンを牽引しているブランドのクリエイターたちと共にブランドを始めた当初を振り返ってグラフィックプリントアイテムのみで商品を展開した。

2017年には田口悟による個展 "BANDANA LYZE TOUR" が、東京、名古屋、大阪、福岡、そして海外ではマレーシアにてツアー形式で数ヶ月に渡り開催され、2018年にはロサンゼルスと香港にて開催された。
自身にとってバンダナデザインとはもっとも得意とする表現方法であり、ブランド立ち上げ当初よりこれまで数々のバンダナを生み出してきた作品の原画を全て公開。

近年より海外でのコレクションの展開がスタートし、世界に視野を広げ発信している。


 

The Brand "CHALLENGER" brings the concept of American Garage, which created multiple "culture" from the following items; such as vehicle, motorbike, skateboarding and several kinds of musical instruments.
These items appeals any guys regardless of their age, and brought up many renowned people such as skateboarders, bike builders, and musicians.

In 2009, this Brand has started up its business by a professional skateboarder, Satoru Taguchi and opened a flagship store in Harajuku, Tokyo.

In 2014, a store called "PROTOTYPE" opened for a celebration of 5th year anniversary. The store opened for a limited period of time and created limited items through collaboration with other frontiers' fashion brands, artist, skateboarders, and bike builders.

Since 2017, the designer, Satoru taguchi, has been touring bandanna art show named "BANDANA LYZE" in five cities in Japan, Kuala Lumpur, Hong Kong and Los Angeles.
Designing bandanna is one of the strength in his art works, and various works of his drawing since he has started the brand, has been displayed in the show.

Since 2015, CHALLENGER’s collection has been developed toward overseas, and we are keep informing internationally.